はびこる常識をぶち破れ!!

新しい常識はこれだ!

「クルマの買替えは整備工場で」

株式会社日本カーズ・コム 大堀健二 

日々入庫する お客様が整備工場最大の財産である。

この財産を大切にし、いかに活性化するか?

この着眼点から、整備工場のチャレンジが始まる。

 

◆立ち上がろう整備工場

 様々な厳しい市場状況において整備工場の将来はどうなっていくのでしょう?皆さんお気付きのとおり、人口減少による影響は少なくありません。さらにディーラーの囲い込み施策や他業種からの参入により、このままでは確実に仕事は減少していくでしょう。今こそ整備工場は立ち上がり、自動車流通の常識を変えていかなくてはなりません。

 

◆ディーラーの下取は年間290万台

 私たち整備工場の競争相手は同業ではなく、年間290万台もの下取を行うディーラーです。整備工場が結束して自動車流通の常識に一石を投じるのです。

 

◆共に力を合わせよう!!

  私たちは地元で長年ビジネスをしてきた「信用」があります。この「信用」を生かし、こたえていくためには自ら革新していく必要があります。従来のイメージを変えていき、新たなイメージに変わることを楽しんでいく。そうすることで必ず地元のお客様は応援をしてくれ、「整備工場でクルマを買替える」という新しい常識を広めていくことができるのです。今こそ整備工場みんなで「力をあわせる」のです。

半世紀にわたるモータリゼーションを支えてきたのは私たちであり、これからも日本のカーライフを支えるのは、私たち整備工場です。